有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2019年11月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE

何時までも厚い日が続きます
もう勘弁してほしいですね

十番のお殿様の組み立てを終え
次はお姫様の単の縫製

単


重ねの一番下の衣装です
緑色の↓

単


三つ折りってのをやっていきます

単


写真では見にくいかもしれませんが
先ず折り曲げる部分をヘラします

単


その部分をアイロンで折り曲げます

単


次に糊を塗ります
塗るというより”乗せる”と言ったほうが正しいでしょう

乗せる量はシャーペンの芯より細く
0,3~0,4mmくらい

単


またアイロンで折り返します

単


繊細な作業です
非常に

単


最近の三時のお気に入りは
ペアシューと冷た~いコーヒーと
大阪テレビの水戸黄門

単


次はピンクの濃い色です
また裁断して縫製していきます

単


本当に早く涼しくなって欲しい
桃玄で御座います

同じカテゴリー(お知らせ・工房便り)の記事画像
お習字のち仕上げまで
お習字
お姫様の袴を履かせてます
右手の薬指と小指にはキツイ作業
白衿を巻いていきます
次は九番
同じカテゴリー(お知らせ・工房便り)の記事
 お習字のち仕上げまで (2019-11-18 22:41)
 お習字 (2019-11-12 19:47)
 お姫様の袴を履かせてます (2019-10-31 20:17)
 右手の薬指と小指にはキツイ作業 (2019-10-26 14:50)
 白衿を巻いていきます (2019-10-21 20:02)
 次は九番 (2019-10-16 22:04)
コメント(4)

更新:2019年09月12日

この記事へのコメント

水戸黄門久しぶりに見てみたいですね。最近時代劇がめっきり減ってまいりましたね。健
Posted by guildguild at 2019年09月12日 21:03
いつもながら繊細な作業に
感心いたします。
私には絶対にできないことです…
お疲れ様です。
            まー
         
Posted by guildguild at 2019年09月12日 21:24
健さん
昔は沢山ありましたね。時代劇。私は鬼平が好きでした。遠山も金さんも。
Posted by 京都桃玄京都桃玄 at 2019年09月17日 20:51
まーさん
目が「ボ~ッと」してます。老眼で。まだ認めたくないので買ってません。老眼鏡を。
Posted by 京都桃玄京都桃玄 at 2019年09月17日 20:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

この記事へコメントする

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。