有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2019年03月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE

扇を持たせる時の注意です

今日は京製の手の取替えをしました
組み立て用の手を使って完成させたお姫様↓



汚しても傷を付けても何ら問題の無い手↓です



そしてこちらが↓京製の手です

傷が付かぬように丁寧に紙に包まれた状態で
上がってきます



木と針金で骨格を形成した後に
13回も胡粉を重ね塗りして
この手の形にすると聞きました
ちゃんと爪も付いてます



ノコギリでカットして穴を開けます
穴を開ける時は緊張します
いまだに
お高い手なので、、、



付け替えます



付け替えた後で最終確認です
扇を持つかの
もし持たなかったら修正します
持つように



ここで注意して頂きたいのです

物を小さくしていくとどうしても無理が生じます

基本九番の扇の材料で十番も作ります

上の扇が九番用で下の扇が十番用です↓



何を注意するのかと申しますと
「厚み」です
扇を閉じた状態で比べると分かります
小さいはずの十番用の扇が
九番用とほとんど変りが無いんです



なので若干親指と他の指との間が狭いのです
その手の無理矢理「持たせる」と
手が破損する可能性がでてきます
なので「持たせる」では無く
「かける」「置く」感覚で飾りつけて頂きたいのです

私も可能なかぎり扇を持たせられるよう微調整しています
くれぐれも持たす為に無理に押し込まのように
気を付けて頂きたいのです
よろしくお願いします
どうしても扇を持たない!
持たせにくい!
と感じる方は申し出て下さい
今一度微調整させて頂きます    

同じカテゴリー(お知らせ・工房便り)の記事画像
貼り込み
ぼちぼちと
謹賀新年
あれ?
お殿様の仕上げ
やっと届きました
同じカテゴリー(お知らせ・工房便り)の記事
 貼り込み (2019-03-04 19:49)
 ぼちぼちと (2019-03-01 16:52)
 謹賀新年 (2019-01-01 17:49)
 あれ? (2018-12-28 20:21)
 お殿様の仕上げ (2018-12-25 20:37)
 やっと届きました (2018-12-22 18:08)
コメント(4)

更新:2018年12月09日

この記事へのコメント

本当に細かな作業ですね。最近老眼が入り始めた私にはつらそうな作業です。健
Posted by guildguild at 2018年12月09日 21:03
繊細なんですね。
私には無理そうです。
けん
Posted by guildguild at 2018年12月09日 22:20
健さん
私も完全に老眼です。まだ認めたくないだけで。針に糸を通すの半分勘です。
Posted by 京都桃玄京都桃玄 at 2018年12月11日 22:42
けんさん
お人形が小さくなればなるほど繊細さが必要とされますね。たいがいの人はこの作業は出来ないと思いますよ。
Posted by 京都桃玄京都桃玄 at 2018年12月11日 22:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

この記事へコメントする

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。