有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2015年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE

修理の依頼

この前連絡があり「修理をお願いします」とのコト
届いた箱を開けお人形を見てみました
懐かしい人形です
多分ですが15、6年前のものだと思います
本金の凄く高価な生地なので覚えてます

箱の中にお手紙が入ってました
修理というより型崩れの修復です
確かに少しくたびれた感じはします
目についたのが殿様の袖が開いてます
お姫様の表衣衿部分の開きです
双方共通で左腕部分の凹
多分ですがお人形を持つ時に親指が当り出来た凹みかと



先ず左腕付け根辺りの「くぼみ」の修復です
写真だと分りにくいと思いますが
少し凹んでます





修理の時は頭を取り外します
作業の時に傷つく可能性がありますので



凹みのある腕を少し伸ばします



そして唐衣と表衣の間に目打ちを通し
綿を入れる為の隙間を作ります



年数の経って付いた形はナカナカ修復が難しいです
綿の量や詰める位置などの見極めが必要です



綿を入れて腕をまた元の位置になるよう折り曲げます



そして扇を持つかを確認します



次に裾部分です





引き腰の五色の糸も解けてます
これは修復は不可能です
糊でまとめる程度しか、、、

綺麗にするには交換という手もありますが
このホツレもそのお客様の歴史でもあると思いますので
可能な範囲での修復といたします



スチームやアイロンでシワを伸ばします



五色の糸も糊でまとめました



裾部分の修復完了



お姫様の衿部分のズレ
これはちょっと難儀です
ど、どうしよう、、、



これは強引かつ大胆な手法をとるしかありません
衿を一度剥がしてラジペンで引っ張り
有るべき所に生地を寄せます



正直一か八かの賭けです
凄く集中していましたので
途中過程の写真を撮り忘れてました
仕上がりです↓
何とか修復できました
多分これが限度です
これ以上触ると生地が傷むかも?です



次はお殿様です
これも写真↓では見にくいとおもいます
お姫様同様に左腕付け根部分の凹みです



これもお姫様と同様に腕を少し伸ばします



目打ちで綿を入れる為の隙間を確保します





次に綿を凹んだ所に入れます





次に袖です
内側の凹みで厚みが無くなった袖後ろ部分を
修復していきます



目打ちやピンセットを使って凹んだ箇所を
元の形にしスチームを使ってクセを付けていきます



袖の前部分下の凹みと袖口です



理想の形に近づけ幾度もスチームを当てクセを付けます
長年かけて付いたクセを戻すには凄く時間がかかります
このお殿さまは一日での修復は無理と判断
スチームで湿気た衣装を完全に乾かしてから
また作業に戻ります



次は居の部分です



この部分もスチームとアイロンで
シワを伸ばそうと思います
先ず魚帯を外します





チスームをかけアイロンでシワを伸ばしました



長い間この状態だったのでしょう
数分で元の状態になります
芯を作るしかないです
居の幅にピッタリな物を発見!
丸めます



数日このままにしても又ペタンコの状態に
もどると思うので芯を入れたまま発送しようと思います
芯を外すか否かはお客様の判断にお任せといたします



数日後に作業を再開したのですが、、、
長年のクセというものはナカナカ頑固です
幾度かスチームとドライヤーを駆使したのですが
やっぱ少し袖口が開くぅ、、、



どうしよう?
思いついたのが袖を固定する事です
上手いこといくかなぁ?
ラップで固定してみました





袖のラップも付けたまま発送ですね
御雛祭りまで形付けをしてもらった方が良いですね
きっと




コメント(0)

更新:2015年10月24日

今宵もご飯ネタです

調理するお魚の在庫も無くなり買出しに行きました
今宵は金毘羅さんで購入してきたおうどんの予定



お揚げさんとたまごをとスーパーへ
おっ!お肉!広告の品628円で
たまごが500円以上お買い上げの
お客様に1パック10個入りが115円



肉とたまごを煮たものです
作り慣れてるので味は確かです
晩ご飯の準備迄に仕上げました↓

二日ほど冷蔵庫で寝かせます
味が締まって美味しくなります



たっぷりのお湯で煮ます
そうしないと芯が残る事がありますので
それにしても多いなぁ~
一袋650円です
価値ありますよ



残り物定食ってトコでしょうか?
絶対に腹ふくれるぞ~!



食後はこれです↓



これも金毘羅さんで購入してきたものです
若い時はな~んの興味もなかったのですが
何故か少し前から大好きになりました
素朴な味がたまりません!



お腹いっぱい食べられるって幸せですね

コメント(0)

更新:2015年10月21日

最後です

今宵が最終日です
お魚の料理も
「どんだけアルねん!」と
思ってる方も居られるでしょう
誰より一番そう思ってるのが私自身
なので御座います



今年の春でしたでしょうか?
同じお魚をいただいたのですが
身が柔らかい事を知らずに中華なべで
煮込んでしまいました
お皿に移す時に身が崩れてしまいました

今回は気をつけて煮込みました
味付けも完璧です



アジも昨日より上手に三枚にさばけましたし
火の通し加減も良かったようです
身も柔らかく美味しく頂くことができました




話しは変りますがこの前から走ってます
走るといっても早歩きに毛が生えた程度のものですが、、、
明らかに変化がみられる様になってきました
呼吸を整える為に歩いてる時間が確実に減ってます
逆に走る距離が伸びてます

今日は西大路通りを東に向い→
七本松通りをずっと上がり→天神さんの前を通って→
また西大路通りにでて→場代通り下がり→帰宅
約4,2kmの道のり



はっきり言ってかなりシンドイですが
もうちょっと頑張って走ってみます

コメント(0)

更新:2015年10月20日

そりゃ、こうなるわなぁ

お得意先さんから頂いたお魚
鯖です
1尺3寸3分(約40cm)
ど~しよう?



パソコンで検索しました
三枚におろす方法を

見よう見まねでやってみたのですが、、、
こんな大きな魚をさばくのは初めてです
そう言えば察しがつくと思います
ちょっと残念なコトに



約30cmのアジも三枚にと挑戦したのですが
包丁を変な所に入れてしまい
これ以上触るとますますおかしくなると
途中で手を止め塩焼きに

鯖は味噌で煮るのが良いだろうと作り方を検索

凄く時間がかかったのにとても残念な仕上がりです
やはり中華料理の方が簡単ですね



良い素材ってのは凄いです
少々失敗してもそれなりの味になるのです


コメント(0)

更新:2015年10月19日

定番中の定番やね

お魚料理二日目です
立派な鯛のお頭
熱~いお湯で洗って臭みをとりました



ごぼうと一緒に煮込みました



「お造りにするんやろなぁ これ」
その様に感じたので包丁でそれっぽく切ってみました
ゲソとエンペラは里芋と煮てみました

やたらにイカの皮が簡単にむけました
種類でしょうか?
それとも新鮮なのもだからでしょうか?
初めての感触でした



大きなはまぐりです



今宵も美味しいご飯でした
凄く良質なたんぱく質を摂取したな~
そんな気がします
明日は「鯖」です
鯖ってどう料理するのでしょう?
ちゅうかどう切れば良いのでしょう?

コメント(0)

更新:2015年10月18日

ええんやろか?

この前金毘羅さんに行った時
お得意先さんにおうどんを送ったんです
そのお返しです
こんなん↓が今日家に届きました
ヘンに気を使わせてしまったのでしょうか?



どうしよう、、、
お魚はどう料理すれば良いのか
いまひとつ分らないので御座います

見た目「平目」のような気がしますので
酒、醤油、生姜、粉末のだしで煮込んでみました
美味しかったです



メバルっぽいのは塩をかけてガスで焼いてみました
皮ヅル剥けになってしまいました が
味は凄く美味しいです



お造りがパックに入っていたのを
お皿に並べました
一口食べて自然と言葉に出ました
「旨ーっ!」
今までに食べた事の無い味でした



デカイはまぐりも入ってましたので
酒と醤油に干ししいたけと粉末のだしで
お吸い物っぽく作ってみました
味付けはこれ良いのいか否かは不明ですが、、、



本当に大きいはまぐりです
これも美味しかったです



これ絶対高いです
ものが全然違います
結構な量があったのですが
本当に美味しいかったので何も
残りませんでした
凄く贅沢な晩ご飯でした


コメント(0)

更新:2015年10月17日

ちょっと頑張ってみよっかな

先日四国での出来事ですが
金毘羅さんを上ってる時の事です
平ら場所で時折足の裏がつっかかってたのです
転倒するコトはなかったのですが、、、
膝が上がってないのですよね
きっと
でも早くないでしょうか?
こんな症状
こりゃイカン!と
走ってみました

なんじゃこりゃ!

走り方が変
ぎこちない
20mくらい走ると肺が苦しくなります
ふくらはぎにスネ外側の筋肉が凄く辛い
相変わらず足の裏がつっかかります
全然走れへんやん!

私まだ47歳です
とってもとーっても情けないです、、、
ちょっと頑張ってみよっかな?
ランニング




コメント(0)

更新:2015年10月13日

早めに帰ろうか?

二日目は金毘羅さんへ
少し雲が広がってました が
兄弟は喜んでます
日焼けを好まない様子
私は青空希望なんですが

さすがに大勢の人です
にぎわってます



毎年少しづつ改善されてきてます
最初はひどかったもんな~
見られる様になりました



昨日に続き階段を上ります



昨夜気を失ったお蔭で好調です
体が



兄弟は言いました
使い慣れない筋肉を使っての階段は
「辛い」と
私は逆に平らな所を歩く方が辛いです
日ごろから歩くという行為をしてませんので



お遍路で各お寺の階段の上り下りで慣れてるのでしょうか?
全然辛くないのです

残り133段
去年は無かったです
こんな金ピカなヤツ↓



本宮に到着
お祭なので綺麗なお飾りが





やっぱり雲が多いですね
景色も今いちです



弟達は手を合せたりおみくじを引いたり
ひと通り済ませ後はまた長い階段です



階段の下りは上るよりキツイです



昨年はお祭を見に行ってたのですが
今年はホテルで爆眠してました

真っ暗闇の中に火の燈った提灯が並び
幻想的と申しますか
凄く怖かったことを覚えてます


やっぱり雲が多いです
町並みが少しかすんでます





今回はカゴをよく見かけます
確か結構な金額したと思います
乗るのに



いつもお土産を買ってるトコです
森の石松店です



昔はな~んの興味も無かったのですが
今や大好きになりました
船々せんべい
このお店で焼いてるんです
当然買って帰りましたよ
自分のために



お昼はこの階段したにあるうどん屋さんにで
と思ってましたが
時刻は1時過ぎです
大変混雑してるでしょうし、、、
「ほな、早めに帰るかぁ」
全員の意見が一致しました

まぁ何処かのサービスエリアでたべるか と
車に乗り込みました

こんなのを見てると人ってホンマに
凄いな~と思います
海の上を車で移動出来るのですから



今回も大変でしたが凄く楽しい旅行になりました

納経帳も残すは1ページです



高野山奥の院
近いうちに行きたいな~と思ってます

コメント(0)

更新:2015年10月12日

兄弟四人で

夜中二時過ぎに母のお墓参りに
四国に向け出立しました
本当に夜が寒くなりましたね



今回兄弟の行きたい所が無いとのコト
なので私がお勧めのお寺を巡る事にしました
先ずは一番霊場の霊山寺に
お寺は朝六時に開門
なので逆算して二時過ぎに家を出たのに
七時からの張り紙、、、
皆様お寺によって開門の時間が異なる様でです
行かれる方は御確認のうえ参られて下さいませ!



到着は五時半過ぎ
息が白く見えてました
何だかんだ時間を潰し七時に入門



池には丸々と太った鯉がイッパイです
弟がいうのには高価な鯉らしいです



一番所の見何処は灯籠が沢山掛かってる金堂です
綺麗です





私は結願(けちがん)したので最初に
参詣したお寺にお礼参りの御朱印を頂きに来ました
一番最後のページです↓



お参りを済ませ納経場へ向いました
何でも「業を円満終えたました」と書いてあるとか



今回はこの様な記念品を頂けました



次に向かったのが屋島寺



此処の見所は源平の合戦場を一望できるトコロでしょうか?





それとちょっと気になったポスター
山火事の予防を呼びかけるものなんでしょうね
コレを見た時に「鬼灯の冷徹」に出てくる
カチカチ山のウサギを思い出しました
イカツイわぁ、、、このウサギ



次に向かったのが弥谷寺
私が何気に入ったお寺です
ここからが始まったのです
私のお遍路が

昔は全国のお坊さんが修行する為に此処に集まった霊山だとか
この鬱蒼とした雰囲気がたまらなく好きです





階段数は540段やったかな?
結構の段数があります



今回初めて知ったのですが
可愛い小鳥が餌を食べに来ることを
俳句茶屋の御主人が私達の手に向日葵の種を、、、



すると、、、





寄ってきます
小鳥が
可愛過ぎやろ~



少し時間を遅らせてお昼です
まんのう町にある「長田うどん店」
此処のお店は混雑します
地元の人たちは此処に食べに来る様です



釜揚げうどん小が四杯と
おでんで1550円
安っ!
おすすめします

おつゆの入れ物がコレ↓
まぁ大胆と申しますか、、、
愉快です!



次に母親のお墓参り
私は完全にダウンしてました
一晩寝てないとは言え、、、
もう歳です
歳!



少し早めにホテルのチェクインを済ませ
晩ご飯に
丸亀にある「りぶや」さん
何かお勧めのお酒をお願いしました
出てきたのが金粉入りの日本酒



美味しいわ~



久しぶりです
お刺身
美味しいのはいうまでもありません!



骨付き鶏と塩むすび



満腹です



もう御満悦です
後はホテルで寝るだけです



帰り向かいにあるドンキホーテでお買い物
飲み物を購入したいと弟が

こんなの発見!
カプリコが88円



まぁこんな時くらいはと衝動買い



ホテルに戻りいちご味を食べた直後



気を失いました、、、

コメント(0)

更新:2015年10月11日

やり残していた二つの事~四国~

昨夜はとても長い夜を過ごしました
遅い晩ご飯を食べた後は本当に
な~んにもやる事が無いのです
テレビも電波状態不良
ネットにつなげる機材も無し
音楽くらいですね
暗く長い夜の時間を埋めるのは

でも逆にいうと
とても贅沢な時間の使い方だと思います
何もかもから開放されて
ボ~~~ッと夜空を見上げたり
懐かしい歌を口ずさんだり
「なーんもやる事あらへーんっ!」と
車の中で叫んだり
暇も過ぎると笑えてきます


最終日朝6時頃に目が覚めました
寒さで






まずは岩屋寺でやり残していた事が一つ
ハシゴを登ることです
筋力に自身が無くこの前は断念しました
この上に何が有るのか確認したいのです
写真ではそう高く感じないと思います
結構大きなハシゴです
一段一段の幅が広いんです



いざ挑戦と上りました
上にはこんな物が
何でしょう?これ?
漫画に出てきそうなデッカイ「おでん」みたいです



上から見たトコです
腰を引けました
金堂の屋根よりはるかに高いです
降りる時には上る時は感じなかった
ハシゴの幅を凄く感じます
グーッと下に伸ばさなければ
足が届かないんです
少なくても50cmはありますね
間隔



きくらげです
近所の焼肉屋さんの妹さんが
お店で出す料理にきくらげを使うらしく
以前にお土産で持って行ったのを凄く
気に入ったとのコト
京都から注文は可能か否かの確認してみると
数量の限度はあるが可能とのコト
帰ったら教えてあげよう
勿論お土産に買って帰ります



次は今回最終目的地
出釈迦寺奥の院「捨身ヶ嶽」です

看板と石仏の間にチョコンと
見えるのが奥の院です



前回は時間の都合でこれなかったのです
テレビでは片道50分かかるとか
正直遠いな~
出発して直ぐです
急勾配出現!



ゲレンデやったら間違いなく
上級者コースです
この勾配と道幅!



え?
こっち?
嘘やぁ、、、
半分獣道やん
虫除け持って来てて良かった



でも昔はこんな道が普通だったんでしょうね



あれ?また舗装されてる道に出たぞ



ようやく到着しました
はっきり言って凄くしんどいです
汗でビットビトになりました



この院のここを通って目指すは
弘法太子が身を投げたと言い伝えられてる
捨身ヶ嶽です



さらにキツイ岩場に突入です



こんなトコに鎖が、、、
結構危険な道のりです
そのせいか誰も此処迄来ませんね
時折鐘をつく音は聞こえてくるのですが、、、



なんとか到着です



やり残してた事のもう一つがここに立つコトです
取りあえず此処で記念撮影です!
結構な高さです
これで気になってた箇所も全て廻りました
私の中ではようやく結願です

こうして見てみると痩せたな~
あの頃が嘘のようです


もう少し上に行けたので這って行きました
瀬戸大橋が見えます
怖っ!
腰から力が抜けていきます



これで後は京都に帰るだけですが
此処まで来たのでまた母親のお墓に寄っていきましょう



もう限界を超えてます
しばらくこの辺をぶらついておきましょう
シートの圧迫から開放してやりたいのです
お尻を

大きなタイヤが打ち上げられてます
私の靴を置いてみました



京都迄は約300kmです
お墓の横のガレージで少し仮眠をして
出発しようかと思います

やっぱ海はええなぁ





今回の旅行は凄く長~い長~い道のりでした
車での移動距離1、841km
しかし凄い勢いで時間が過ぎ去った様に感じます
とても楽しい三日間でした

コメント(0)

更新:2015年10月03日

九州横断 ~天岩戸神社~

車に乗り込み少し移動し到着したのが
天岩戸神社



巫女さんがめっちゃモップかけしてます



宮崎映画の中に居るような雰囲気





暫く歩くと到着です



この穴の中積み石だらけです!
凄いです!





何でしょうか
ここまでくるとちょっと怖いです
おどろおどろしいと申しますか
色んな人の思いが留まってる様な、、、



一番奥にも積まれてます
石が、、、



その反対側は川が存在してます
明暗がはっきりしてるな~
そんな印象をもちました



駐車場に向かう途中にソフトクリームを購入
考えてみれば京都を出発して固形物を口にしてません
味は、、、
皆さんが思い浮かべるもの
そのまんまだと思います



さて次に向かうのは四九フェリーのりば
そこから愛知県に行きます

ナビに従いハンドルをきると山の中に、、、





これって土砂が流れた跡?
こ、怖っ!



車を走らせてると妙に立体的な文字の
看板を見かけました
文字の上部が汚れててそう見えるようです



たまたま寄った道の駅「原尻の滝」
滝百選に選ばれてるみたいです





けっこう揺れるつり橋です
勇気いりましたよ
渡るのに



今日中に岩屋寺近くの道の駅に到着予定です
先を急ぎます



ここでも頭の中に流れてるのは

風に髪をとかれ~♪
おやすみの口づけを~♪
愛を胸に抱いて~♪
震えて眠れ~♪

はい。愛のテーマです



愛媛県に近づいて見えてきたのが
大きな風車の群れ?です
写真では見にくいと思いますが
かなり大きな風車です



約70分揺られた後に愛媛に上陸
松山方面に車を走らせてると
風車の公園があるとの標識
行ってみました

でかっ!

ブォンブォンいうてるしーっ!
故障して羽飛んできたらどないすんねん!
近づくの止めとこ
そんなコトを考えてる桃玄で御座います



夜の8時ごろに道の駅「みかわ」に到着
京都を出て初めて食べるご飯です
疲れのせいでしょうか
お腹が全然減りませんのでこれだけです



カメラの電池残量が残り少なくなってます
充電をと荷物の中を見渡したのですが
無いのです
充電器が、、、
桃玄日記の為にも現金の次くらいに大切な物なのに、、、
な~んか詰の甘さがこんなトコに出るんです
私の人生そのものの様にも感じます
こんなコトやから何時まで経~っても
貧乏職人なんでしょうね、、、

コメント(0)

更新:2015年10月02日

九州横断 ~高千穂神社~

寒っ!

朝6時過ぎに目が覚めました



歯を磨いて早速に出発
3333段の日本一の石段に凄く
興味があるのですがぁ
朝から3333段はいくらなんでも無理やろ、、、
というワケで高千穂神社へ



なかなか良い雰囲気です



手水場です
ちゃんと説明図があります
皆様も何処かの神社に行った時の
御参考になさって下さいませ





見て回りましょう







お守りも結構な種類があるようです





お手洗いもそれ風な造りですね~



え~
中は普通です、、、
個人的には何か一ひねり欲しかったな~



次は高千穂峡です



此処好あっきかも
何年もかかって岩が水で削られたのでしょうね
雄大さを感じる場所だと思います



何をどうすればこの様な岩が形成されるのでしょう?
まだまだ知らない事でいっぱいです
この世ってトコは



ボートに乗れるみたいです
私も下から見上げた写真をと思ったのですが
一人で乗るのもなんだかな~と
断念しました





お食事処にお土産屋さんが並んでる手前に
凄く邪魔くさそ~うに座ってる鬼?を発見!
ホンマだるそうにしてるわ
一枚撮っておこう







池を発見しました



近づいてみました



鯉ですかね



こい?こっ?
んーーっ?
シルエットおかしいない?



これってショウザメちゃうん!
違ったっけ?
あれー?
俺、疲れてるんやろか、、、
まぁ、え~か



次は天岩戸ってトコ
時折テレビなんかで見かけるトコですね

コメント(0)

更新:2015年10月02日

一週間遅れの連休

先週は全国的に大型連休でした
そんな時に出かけると大変混雑するは必至
そんなワケで予報では晴れ
一週間遅らせて連休をとりました

先ず最初に向かうは九州の長崎県です
756kmかぁ、、、
遠いな~



京都を出て約450kmの所で給油
今回もガソリン沢山必要になりそうです



夜中の給油場で鳥が水を飲みにきてました



少し明るくなった頃に壇ノ浦PAに到着
此処は橋の真下にあるインターです

人って凄いものですね
こんな巨大な橋を作るんですから



此処は夜景が綺麗そうです





こんなのを発見!↓
懐かしい曲が収録されており
思わず購入しました

買って正解です
テンション上がりました
お蔭で運転が凄く楽になりました



先ずは一箇所目
所要時間約11時間半ようやく到着です

ここだけの話しですが
遠い昔のことです
私は霊が見えたり感じたりする
体質だったんです
その体質改善や対処方を
色々と御指導して頂いたところです



まぁこういう事を口にすると
「頭、大丈夫?」とか
「精神障害とちゃう?病院行ったら?」とか
人格を否定される事もありました

結構居られるのではないでしょうか
誰にも相談も出来ず一人悩んでる人も

本当に久し振りです
母親の供養を済ませのですが
心地の良さにツイツイ長居してしまいました



名残惜しいのですが次に向かいます

頑張!れ俺のポンコツ!



私的には島原城と原城跡に行きたかったのですが
移動時間が思っているよりかかるのでパスします
次回にします

次に行きたい所が
高千穂周辺です
車の移動だと凄い距離になるので
フェリーを利用しようかと

フェリー乗り場に到着し切符を購入後即出発!
ラッキ~♪





フェリーも久し振りじゃないかな?
ええわ~オイルと塩が混じった香り



フェリーの甲板に立つと
思い浮かぶ歌があります

風に髪を梳かれ~♪
おやすみの口づけを~♪
愛を胸に抱いて~♪
ふるえて眠れ~♪

ルパン三世のエンディング曲
愛のテーマです

頭の中でコレがぐるぐると回るのです
何故でしょう?

そんなコトを考えてた時でした
雲から何か生まれそう!
そんな自然現象



約30分揺られ次に向かったのが
天草キリシタン館

館内は展示物保護の為に暗いです
勿論撮影禁止です



今夜寝る所は道の駅「不知火」です
貧乏な私は今回も車中泊です





コメント(0)

更新:2015年10月01日