有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2013年11>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE

髪、切りました

約二年振りに散髪屋さんに行きました
馬代通り私の家を下がったトコにあります↓
もっと引きの絵を撮りたかったのですが
車の通行が結構あるもので収まりませんでした



仕事が夜中までの時も多々あります
急に冬になりました
髪の毛を乾かすのに凄く時間がかかります
濡れた髪の毛が背中に触れるととても冷たいんです
それにシャンプーとリンスも凄く使います
洗ってる時に時折髪の毛がひっかかり
何本か抜けます
凄く痛いです
そうなるとお風呂との縁が遠のきます
で、少し切ろうと思いました



アジエンスを使用してます
残念ながら私の髪の毛は
結ったら痕が付きます



すずめの尾みたいになりましたね
すごく軽くなりました



アメリカ的なお店です
ガレージも有ります



触れて良いか否かはお尋ね下さい





お店を出たら寒さが身に染みました
街路樹の葉も全て散ってるものも有ります
紅葉も今週末で最後でしょうか?

コメント(0)

更新:2013年11月29日

作業用の上着の縫製

さて、次は金襴で上着を作ります
この生地でいきます!



大体の寸法はこの前の仮装の時の物が頭に入ってます
今回は袖を付けるので少し身頃の幅を広げました
あまりにも私の体に合せ過ぎると肩こりになります



これだけ分厚い生地です
仮止めはホッチキスでいきます!



その場その場で寸法を出していきました
裏地は無しでいきます
とてつまなく時間かかります
寸法を出すのに



袖付けが上手くいきません
まぁ、それらしくなりゃいいっか
と、進めていきます



作業の邪魔にならないように
袖の仕上がり寸法は一寸にしましょう



次にポッケト
必要か否かは取り付けてから判断しましょう





で、こんなん出来ました↓
これで表を歩く勇気は有りませんが、、、



まぁ、色々と改良の余地も御座いますが
完成致しました
冬用の作業着が!



仕事を終えて毎晩少しづつ縫製しました
やはり慣れないコトは時間がかかります

コメント(0)

更新:2013年11月25日

高校の時の先生と

京都高等工芸学校時代の先生と同級生と
呑みにいきました
アジトへ
サンタクロース一歩手前みたいなかたが松本先生です
メガネをかけてるかたが樋口君です
先生タバコ止めた方がええよ
顔色が悪すぎやん!

今さらですが、満面の笑みが店主で
小汚~いオールバックが私です



写真デーカッ!

何時間はパソコンを触ってこのサイズですと
載せる事が出来ると判明致しました


先生も同級生も何だかんだと本当に大変だと思い感じました
仕事のこと、家庭のことに、、、
やっぱり一番は”人間関係”ですね
私は独り身の分まだマシな部分もあるみたいです


いや~ホント、沢山喋りましたね~
途中から不幸自慢になりました^^;
次の日は声が枯れてました
1年分位のお喋りをしたと思われます


途中で一番下の弟から電話が
「来年の春くらいにまた家に帰りたいんやけど」と、、、
お前も”人間関係”かい!
退社を考えてる様子でした


先ず先生を見送りました
2年前に心臓を患ってるみたいです
ホンマに煙草止めた方がええぞぉ~



又の機会を楽しみにしてます

この夜に再度確認してしまいました

生きるって

本当に

大変だな~って、、、

コメント(0)

更新:2013年11月25日

便利?不便?

え~、、、
桃玄日記を更新しようかとパソコンを触ってます
が、写真の載せ方が分りません
多分ですがこの「京つう」がバージョンアップしたのでしょう
見た目の画面も以前のものではなく「進化」したっぽいんです

私は教えてもらった事しか出来ない者です
わずかな操作の変化でも変れば対処出来ません
なのでホームページを作成して頂いた会社に
連絡をして操作方を聞きます

このパソコンってのは便利なのか不便なのか?
私のような超アナログ人間には分らない時があります

コメント(0)

更新:2013年11月24日

作業用の袴の縫製

この数日12月並みの寒さみたいです
私の家は天井が高く
隙間だらけです
本当に寒い家で御座います
なので重ね着が基本です
この前に通信販売で購入したパンツ
思ったより薄い生地で保温も今ひとつ
で、新たに保温効果のある服が欲しいのですが
残念ながら今年は色々とお金が必要でしたので
もう洋服にまわす予算はありません

辛いな~貧乏職人ってのは、、、

てな事で搾り出した答えが「作ろう」です

ハロウィン用に作った衣装で有る程度ですが
頭の中に寸法が残ってます



過去に購入したもののお人形に使用出来ない生地が有ります
例えばこの生地です↓
生地だけを見れば白地に金が映えとても綺麗なんです 
が、寒いんですよね
”過ぎる”白色が、、、



それに厚みが凄いんです
和紙を貼りこんで裏地とミシンで縫って
アイロンで折り曲げるには
骨が折れます

骨が砕けます!

そんな訳で数年間全く使用していない生地です



で、各部裁断しまして~



縫製します



今回はタックを一本にしてみました
この袴を履いて外の出る気は全く有りません
家の中で履く作業着ですから
いかがでしょう?
見た目、豪華な袴で~す♪ ^^v



次は上着です
この生地で作ろうかと思ってます
今回は「袖」付けます
新たに寸法を出さなければ!



仕事を終えてからの縫製です
結構辛いのですが
何なんでしょう?
一生懸命に考えるんです
”どうすれば、それらしく見えるか?”を
俺ってやっぱ職人なんですね
きっと^^;

コメント(0)

更新:2013年11月20日

居の縫製後お殿様の完成迄

張り込み済みの居の生地です
数を数えたら28人分有りました
これだと足りません
また来月くらいに張り込みしなければ、、、



仕上がった居に「京都 桃玄作」と
書かなくてはなりません





字のバランスがとれない時もあります
そんな時に書体辞典を見ます
この辞典はとても役立ちます
お勧めです



石帯に魚袋を取り付け居を固定します





平尾とタトー紙を付ければ完成です



あとは頭を付ければ完全に完成です
次のもどんどん組み立てていきます



コメント(0)

更新:2013年11月17日

仁和寺

時々このように思います
”仕事した~ないなぁ”と
もう少し休める日が取れればそんな
思いもしなくなるのでしょうか
今日は「家」の中に居る事も嫌でした
凄く圧迫感を感じ息苦しさすら感じるんです
原因は分ってるんです
極度のストレスです

こうなると自分でもどうしようもなくなります
で、散歩に
1時間ほど表を歩くと治まります
向かうのは妙心寺から仁和寺です
丁度いい距離なんです



今日は天気もよく気持ち良いです
日向を歩くと汗をかくくらいです





修理してるみたいです
思いっきり囲われてます



紅葉してます









オレンジ色の丸い物体を発見!
柿ですね



学生の頃この柿を頬張って
口の中が全て”グリップ状態”を経験をしました
柿は購入した物を口にした方が良いです



平日のお昼時ですが
観光の方も沢山来られてます
外人さんも幾度もシャッターを切られてました



日向を歩くと汗をかきます
で、日陰を歩けば寒くなります
出掛ける服装を誤ったようです
もう少し薄着で出掛けるべきでした

妙心寺内のもこんな所も有ります



妙な圧迫感もなくなりましたので
帰って仕事の続きを

コメント(0)

更新:2013年11月15日

お殿様の組み立て

次に組み立てるのがこの衣装です
菱の向かい鶴
これまた綺麗な色です



この生地は厚みがあります
袖口の折る作業の時に凄く感じました
「ぶ厚いな~」と



生地の厚みを考え木胴の組み立てにも
少し工夫が必要になります
胸の幅、厚み、高さをほんの少し小さくします



胸の和紙の中身は木毛です
近頃この木毛を触ると
くしゃみに鼻水が出ます
長年この木毛を使ってるせいでアレルギーに?
その様に思い感じる私で御座います



薄く細く長いものです
これを引きちぎったり丸めたりします
その時に細か~い木の粉が舞います
それを吸い込む事約25年
体が拒絶反応を起こしても
不思議ではありませんね



着せ付けて手折りをしますが
生地に厚みがあるので力が必要です



手を付けて形にしていきます



ここでは簡単に写真だけを載せます
が、はっきり言っておきますが

めっちゃ時間かかってますから!




可能な限り左右対称になる様に作ってます



次に袖を膨らませます



次は衿を巻いて釈迦紐を付けます
昨年くらいからでしょうか
近いところを見るのが辛いのです
そろそろでしょうか?
・・・老眼・・・



仕上げは居と石帯と魚袋と平尾の取り付けです
居を取りに行ったのですが

ほ、縫製、出来てへん

仕上げたつもりの物が出来ていない時の
ショックは大変大きいものです
はい、分っております
仕事なのだからやらなければならないって事も
でも、一言だけ言わせて下さい




邪魔臭ーーっ

コメント(0)

更新:2013年11月13日

冬やん

天気予報の通りとても寒い日になりました
昨日から煮込んでました
おでんです
見た目は茶色
結構手間はかかったんです
スジ肉のアク抜き



何気にごぼうも投入しようか?と思ったのですが
何か違うような気がして別の鍋で煮込みました
正解です
ごぼうも一緒煮込んでたら
見た目はおでんで味は全てごぼうになってたでしょう

私の家ではおでんは味噌を付けて食べます
からしを付けて食べる事がメジャーだと知るのは
就職してからです
母親の生まれた讃岐の国では「味噌」なんです



熱燗できゅっといきたいのですが
もう少し仕事を進めておきたいので



寒い夜に温かい鍋
ついつい食べ過ぎてしまうんですよね~
明日はこれに白菜と豚肉入れて
ついでにカレー粉も放り込んで食ってみようっか
結構いけるような気がするんですが
どうでしょう?

コメント(0)

更新:2013年11月13日

和風きのこオムライスわさび風味 大人の味かも?

今日は小春日和です
ちょっと区役所に用事がありまして
車でおでかけです
二条城の木々も少し色づいてきた様です



さすがに二条城です
平日なのに観光バスが並んでます



夏になれば火が燈る大文字山
しかし車の中は温かくて気持ちいいです



表の方が温かいのでそのままスーパーへ向かいました
今宵のご飯は
”和風しめじオムライスわさび風味”です  が、
大きいイカとお芋を見つけました



仕事する前にぱぱっと料理しましょう!
イカを適当にさばいて
芋も皮も適当にむきます
イカにいいトコをラップで包み冷凍庫へ
次に八宝菜風の料理の時のために備えます



これらの材料を鍋に入れ
酒と醤油に粉末の出汁の素と
チューブの生姜を長さ約一寸を投入
これで火にかけたらいいので簡単ですね

さて、仕事しますか

縫製し終えた表衣と唐衣と重ねを合せていきます
次に単の生地を裁断して縫製です





そんなんこんなんしてる間に出来ました
イカと芋の煮物が
私、何時も思うんです
な~んか汚ったね~な~ と

食べると凄く美味しいんですけどね^^

でもやっぱ汚いな~
見た目が



さて、ここで
”和風きのこオムライスわさび風味”を紹介します
私的にはお勧めします

用意するのは
玉ねぎとピーマンをみじん切りした物
それときのこ類
写真では火を通した肉もありますが
別に必要では有りません



お米は炊飯器で炊きます
粉末の出汁の素と醤油と少量の油を入れ
スイッチをONします

で、上↑の写真を油で炒めた物を
炊き上がったご飯を
炊飯ジャー内で混ぜ合せて下さい



で、その混ぜ合わせご飯をどんぶりに入れ
ひっくり返し皿に盛ります



その上にタマゴに火を通したものを乗せます
で、ソースとケチャップ軽くかけます

その脇に備えし”わさび”の出番です
お子様にはお勧めは出来ません
又、刺激物が苦手な方もです
なので、少しづつお皿に出して
オムライスとよくかき混ぜてから
口に運んでくださいね

ふ~んわりと「大人の味」が
口の中に広がりますので



これも私的なのですが、、、
晩ご飯がオムライスの時
側らにに備えし物はこいつです↓



旨いんよな~この組み合わせが~♪

勇気有る方
お試し下さいませ^^

コメント(0)

更新:2013年11月09日

ついでに

今日は歯医者さんの予約とってまして
治療に向かいました
いや~歯石取るんって痛いわっ!
体中から「汁」出まくりました

歯科医院さんのほん近くに
ビブレがります
ついでにジーパンを見ようと寄ってきました
私、ジーパン一本しか持ってません
この前の四国に行った時のジーパンです
「いっつも同じジーパンやな~」と
歯医者さんにも思われてるんやろ~な~
きっと



見ると欲しくなりますね
4,5年前に購入したのではないでしょうか?
今履いてるのは



私には合わないでしょうね
このてのシャツは



帰りにガレージに行き車に乗りました
何やら金属をこすり合わせる様な音が聞こえてきました
私の車はかなり古いものです
別に気にするほどの音でもないのですが
音の所在をと目を向けたところ
隣りの車の中に小型犬が、、、
こちら向いて吠えてるました
可愛いヤツです



帰って着替えシャツを見たのですが
クシャクシャにプレスされたかの様です
全身しっとりするくらいに汗をかいて
治療に臨んでいた証です
ほんまに痛かった、、、



こんな色のジーパンです
ごっつう無難な色ですね
以前も記したと思いますが
洋服を選ぶのって難しいです



さて、仕事の続きを
なかなか綺麗な生地です



今晩は鍋にしました
はっきり言って楽です
切って鍋に食材を投入するだけですから^^
でも少し時期が早かったようです
ちと暑いですね



お肉は「広告の品」
この前に購入してたの投入します
私は貧乏職人です
惹かれます
広告の品とか奉仕品とか



しかし白菜とかしいたけ等が高いです!
白菜4分の1カットで120円!
ほうれん草は198円!
こうなれば嵩を増すに”もやし”です
一袋200g29円



話しは変りますが
私はフェイスブックってのに登録してます が、
安物のパソコンの為なのでしょうか?
反応が凄く遅いんです
また、操作方が殆ど理解できていない状態です

私にメッセージを送って頂いた方に返信も出来ない私です
決して無視してるわけでは有りません

何かご不備や御納得がいかないと申される方は
ご連絡下さいませ
(075)462-7745

パソコンの操作は教えてもらった事意外は
全く操作出来ない私でございます、、、
決して悪意はありません事をご理解を
お願い致しますm(。。m


コメント(0)

更新:2013年11月08日

もう11月

もう11月です
毎年思い感じる事ですが
「一年って早いな~」と

さて、今日は「手」の取替えをしましょう
唐織のお姫様です



何回も紹介してますが
またこの作業です
ま、何と言いましょうか
洋服でいう「仮縫い」状態ですね
一人で組み立て作業をしてますので
注文した「手」がまだ納品されて来ない場合があります
そんな時はこの手を使って完成の一歩手前まで
お人形を仕上げます



これが京製の手です
木をカットして針金で指の”骨”に当る部分を付け
幾重もの「胡粉」を塗り重ねます
磨きをかけ最後に爪を仕上げます



手首辺りで切ります



次にドリルで穴を開けます
この穴を開ける時は凄く緊張します
この手を作れる方が京都で一人だけなんです!
世に出回る数にも非常に少なく
大変高価で貴重な物なんです
なので絶対にブレ無い様に
親指と人差し指に尋常じゃない位に力は入ってしまいます



付け替えてから扇を持たせます
以前に扇を持たないとクレームが有りましたので、、、



次は殿の手も交換にと玄関に殿を取りに行きました
すると表は凄く晴れて日差しが眩しいくらいでした
そろそろ木の葉も色づく頃でしょうか?
お散歩に出掛けたいな~
そんなふうに想いました



また次に行こうっかな~
仁和寺にでも
その前にお殿様の手の交換です



玄関にはまだこのお殿様も手の交換待ちです



ほんでぇまだ張り込み済みの生地が有ります
これをカットしてから縫製してから
完成迄の組み立て



まだまだやらなければならない事は沢山あります^^;
頑張れーっ!
っ!

コメント(0)

更新:2013年11月06日

ハロウィン

行ってきました
ひみつきっちんアジトに
仮装をして
昨年同様に仮装してお店に行くと
飲み物が一杯お得とのコト
店の前に立つとぉ
何だか凄く静かそうな感じがしました



中に入ってみると
お客人が一人のみ、、、
仮装してるの
俺一人かいっ!  



今年は気合を入れて行ったのに~
絶対に伸ばさないヒゲを伸ばしました
作業の関係でヒゲが伸びてると
細~い糸くずがからみごっつうこそばいのです
左目には食べるラー油のフタ
ヒリヒリを我慢して付けたのに



足もともくたびれ気味の靴下を
縫製して足袋っぽく仕上げたのに、、、



着物の仕立ましたし
刀も購入しました
ほぼ完璧にして行ったのに



まぁ取りあえず熱燗を
やっぱり熱燗ですね
これからの季節は





焼き鳥も少し注文



夜も更けた頃に
近所の鉄板焼き屋の店主と
女子高生?が来店
一緒に写真を撮ってもらいました

おいおいっ!
かぶってるっちゅ~ねん!
刀が
俺のに!



これでヒゲ剃れるな
髪も少し切れるし
髪、長いと乾かすのに時間かかります
本当に

コメント(0)

更新:2013年11月01日