有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2013年09>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE

私にとっては凄く残念なコトです

以前に嵐山の灯篭流しの時に
多数の”オーブ”を写真に収めたと
日記に載せたのですが、、、


今年も餃子の王将で
「スタンプラリー」ってのをしてます↓
で、昨夜もハンコを求め王将にスタミナ定食を



その帰りに綺麗に澄んだ空に星が見えました
レンズを空に向け撮影

別に星座等に興味などは全く無いのですが
素直に綺麗な星空をとシャッターを切りました




次にアングルってのを変えて撮影したのです
するとまた嵐山に現れたオーブが現れたのですーっ!!!
少し角度を変えまたシャッターを押しました

それがこの写真です





右下の光の玉数個に注目して下さい
時間差で撮影したのですが
光の玉の位置は殆ど同じ所に写ってます
・・・こ、これはぁ・・・
レンズに付いたホコリやんけーっ

そうです
私はレンズに付着した”ほこり”を
「オーブ」の撮影をしたと勘違いしてたのです

人生初の心霊写真を撮れたと
本当に嬉しく思っていたのですが残念です、、、

でも、今宵の晩ご飯はそこそこ美味しかったです
もやしと玉子とキムチ炒め物と焼き飯



明日の晩ご飯は
鶏のうま煮か甘酢かけです
期限切れ寸前のささみを購入しました
これだけ有れば3日分のおかず出来ますもんね~♪

保存法次第では^^

コメント(0)

更新:2013年09月30日

やっぱりキムチって辛いなぁ、、、

昨夜は餃子の王将に夜食を食べに行きました
何故かキムチが食べたくなって
基本的にキムチは好んで食べないんですが
購入しました↓
やっぱ辛いなーこれ



朝晩の気温が心地よくなってきました
そうすると
晩ご飯に何を食べようか?
そんな事ばっかり考えてます
仕事しながら
ほんで晩酌しながら

まだ残ってるそうめんを揚げました



で、鶏チリを乗っけました
え~普通に美味しいです



辛いキムチ
どうしよう?
もやしと玉子で炒めてみようっか?
ほんで「油」で口の中を満たして
痛覚を感じるみらいを塞ぐ為に油ビタビタの
焼き飯なんかが良いかも?ですね

お金を払って購入した物です
ゴミ箱に入れるのは何とか避けたいですもんね


コメント(0)

更新:2013年09月29日

10月末の仮装大会の衣装を

ハロウィンってのですか?
今年も仮装大会があるみたいです
友の居酒屋”ひみつきっちんアジト”で
昨年は時間に余裕が無く
ドンキホーテで女子高校生の衣装を購入
それを着て参加しました
仮装大会っていうより女装大会みたいなってましたが、、、

今年は少しづつ寸法を出して縫製していってます





作務衣を参考に寸法を出してみました
多分こんなもんでしょう



裾は切りっぱなしでいきましょう
しかし、綺麗過ぎる
私のイメージだと”着古した着物”なんです



洗濯機に放り込み回してみたのですが
この生地はなかなか丈夫なヤツです
「シャキン!」としてます・・・

何か良い策は無いかと模索してました
見つけました
スーパー生鮮館で!

まぜるな危険

の文字を



ベランダで振り掛けました
まるまる一本を^^

で、紙ヤスリで丁寧にゴシゴシ

見事ボロッボロになりました



衿部分は金属のヤスリでゴシゴシ
ボロッボロです



叶うのであれば
来年の妖怪電車ってのに乗りたいのです
毎年、夏に開催されてるんです
嵐電の嵐山駅からと大宮駅発の妖怪電車
ご賛同頂ける方を探してます
一緒に妖怪になって下さい!

袴は殿の袴の寸法参考に仕立てたのですが
マチが小さかった様で
太ももの辺りが細いんです
仕立直しましょう
テレビで時代劇を見たら袴ってもっと太いんですね
生地のとり方が全然違うんです
雰囲気で作ったのでやっぱ変になってしまいました



話しは変りますが
この前、作ったチャーシューがとても美味しく
また挑戦してみました
結構な値段しました
豚肉



ニンニク、生姜、塩胡椒に日本酒と少し醤油
それらを肉に付け和紙で包み冷蔵庫に



で、冷蔵庫から取り出し
常温のさらす事数時間後に
煮込み作業開始!
約、一時間くらい煮込んだのがコレ↓です



香りはゴッツウ旨そうです
冷蔵庫に一晩寝かせて明日、食います

コメント(0)

更新:2013年09月23日

手のとりかえ

さて、玄関に積まれたお人形の手を付け替えをしていきましょう
手はこの様に納品されて来ます



傷がつかない様に五人単位でさらに紙で包まれてます



手首の所をノコギリで切っていきます



次に番線の太さに合せたドリルで穴を開けていきます
もう15年も使ってるドリルです
穴を開ける時に左手で押えてる部分が変色してます
年季を感じます



この穴を開ける作業ですが
いまだに緊張します
失敗すれば焼肉を食べに行ける位の損失になります!
とても高価な「手」です



形にする為の手です
お殿様用の手を使ってます
シャク板を持つ様に作られた右手です



取り替えます



取り替えた後に扇を持たせます
昔のコトですが「扇を持たない!」とクレームがありましたので
それから必ずこの様に最後の確認で扇を持たせてます



が、、、幾度も広げては閉じ持たせた扇は
新品の物に比べると少し広がる角度大きくなってます
なので”持たせる”という感覚ではなく
手に”引っ掛ける”という感じで持たせてあげて下さい
「どうしても持たない」ってな事も有る可能性も有ります
そんな時はご一報下さいませ
速やかに対応させて頂きます!

新品の扇はこんなんです↓



手を取り替えた後は又、箱に収めていきます



これも



お殿様の手も







この作業もこの辺にしておきましょう
ドリルで穴を開ける時に親指と人差し指に
凄い力が必要なんです
お箸を使う時に指がつります、、、
また整骨医院に行って診てもらおう

コメント(0)

更新:2013年09月16日

迷惑です!

夜の9時40分くらいでしょうか?
雨風の音と共に警報音が混じってるのに気がつきました
二階の窓から音のする方を見ても何も異常は見られません
もし火災ならばチラチラとオレンジ色の影が見える
と、聞いていましたので
暫くはそのままにしていたのですが
どうもその音は隣の家からの様な感じがしました
でも確信が無かったので警察に連絡を、、、
すると10時10分頃でしょうか
隣の家の扉が開き誰かが家に侵入する気配がしました
その後、直ぐに警報音は停止

”やっぱ隣りかぁ”

この隣の住人が非常識なんです
酒を飲んで夜中の3時半位まで騒ぐという事で以前に
二度注意したんです
4月と8月に、、、
反省なんて無いんです
反省した「ふり」はするんです

警報音が止まってから数分後に警察官が
経緯の説明をしました

またその数分後
今度は消防車が到着!



私、思ったのですが
火災報知器が作動して数十分間
隣の大家や消防署にもその事は全く伝えてられて無かったのです
本当に火が上がってたらどうなってたのでしょう
考えるとゾッとします

火災報知器が作動したら
それなりに対処出来るトコに連絡が行く様にしとけよーっ!


話しは変りますが
以前にテレビで言ってたんです
イカのわたをお味噌汁に入れると
「かに味噌みたいな風味になる」と
で、味噌ラーメンならぬ
味噌そーめんを作ってみたんです



焼き飯は美味しく作れたのですが
味噌そーめんがぁ、、、
なに味でしょう?
完全に味噌の味が飛んでしまってます
ゲソの味が凄くします
それとぉ
何年も冷凍庫に入っていた氷のような味がします
はっきり言って不味いです
私、45年生きてますが
この様な味に遭遇したのは初めてです
暫くイカは口にしたくは無いなぁ~
そんな印象の味です、、、

そうめんの残りもこれだけです
残り少しです
何を作ろうか?



しかしパソコンを触ってるる間に
雨と風が凄いコトになってきてます
「うー」って風が言ってます
大型の台風18号が接近との事です
少し心配です
雨漏りが、、、

コメント(2)

更新:2013年09月16日

切って貼って、、、

お殿様の縫製が終了致しましたので
この前に張り込んでた生地を切っていきます



チョキチョキと、、、



はさみで切っていきます
チョキチョキチョキ



すると親指の付け根の辺りに
水ぶくれの気配が、、、
弾けると痛いんですよね~
水ぶくれって、、、



で、この状態からの回避法が
ガムテープです^^



切り終えました



で、また和紙を裁断して次はこの生地の貼り込みを





完全に乾く迄圧しをかけて置きます




コメント(0)

更新:2013年09月15日

お殿様の上衣の縫製へ

張り込みが済んで次は殿の上衣の縫製にいきます

宝珠柄で生地もしっかりとした織です



厚みが有りますが決して硬くはありません
そこが正絹の良いところです
化繊で織り込まれた生地には無い
粘りと弾力が有ります





工程が沢山有ります
好きでなければ出来ませんね
この仕事は



単(ひとえ)の袖が無いので
裁断します



縫製して白袖(しろそで)と合せます



で、居(きょ)は張り込み済みの物が有りますので
縫製していきます



完成すれば居の左下に
「京都桃玄作」と
筆で書いていきます
墨が薄いと滲みます
濃すぎると書けません!
墨の濃淡にも気を使います



細かく気配りの必要な作業の連続です

コメント(0)

更新:2013年09月13日

そうめん揚げてみました

茹でたそうめんの上に乗っけ料理

鶏肉ともやしのうま煮
それだけだと心もとないので
自家製のチャーシューです



次にそうめんを油で揚げてみました



この上に小麦粉水で溶いた物を食材をからめ油に投入
天ぷらっぽい揚げ物です
それ等を揚げたそうめんにON!
あんはおい鰹つゆにチューブの生姜と
これまたチューブ入りのわさび
それと料理酒と酒、醤油と水
それらを熱し片栗粉でトロミを付け
上からかけました



えっとぉ、、、
正直な感想ですがぁ、、、
揚げたそうめんが邪魔かなぁ?
と、言いますのも
そうめんって揚げると
塩っぽい味がするんです
追い鰹つゆの塩味と相まって。。;)、、、

でも揚げた茄子が凄く美味しかったので
次の日はカレーうどんのスープを作って丼に!






こ、これは美味い!
 

夏にカレーってのは正解なのかも?です^^
夏の思い出に「カレー」って皆が有る思い出の味とちゃうん?
夏にカレー合うもんね~^^


コメント(0)

更新:2013年09月12日

そうめんにアレコレ乗せて食ってます

そうめんです
どうすうすれば良いか?
そんな事を考えてます
寝る前に

最近涼しくなりましてね
腹、減りませんか?
私はとても空きます

本当に久し振りに行ってしまいました
夜中の王将に
とこ豚骨セット800円
アカンのにな~
夜中の脂っこい食事は
一発肉付くっちゅーねん!
毎日毎日一枚ずつ薄皮をめくる程の成果しかあげられないダイエット



話しをそうめんに戻します
こんなん使ってみました



そうめんを湯がいて皿に盛ります



豆腐になすも入れて味噌も入れて調理してみました
これイケます!



次に茄子の味噌マヨ炒めを乗せてみました
これもイケました
濃い目味付けってのは正解だと思います



次は鶏チリにしてみました
これもイケます
玉ねぎ、人参、ピーマンを油で炒めます
チリソースで少し煮込みますが
麺に絡むように少しゆるめに火を通します
そして先にそうめんの上に乗せます
次に鶏肉をチリソースの味をしっかり付けます
最後にごま油を回し入れお皿に盛ります

玉子でとじれば丼もOKだと思います



ほうれん草の甘酢煮込み玉子とじ
これも個人的にアリですね
少し味が濃かったのですが
基本的に白いご飯も食べるのでOKです



まだまだそうめんが残ってます
別に無理して食べるコトも無いと思いますが
ちょっとした頭の体操です
次は何を乗せてみようか?

コメント(0)

更新:2013年09月08日

張り込み

和紙を裁断して張り込みです
宝尽くしの衣装に合した表衣の用意しましょう
左端の生地です
右側がまた別の唐衣の生地です
で、真ん中の黄色いのがその表衣の生地です
また出来上がったら紹介します



先ずは和紙の裁断です
必要な人数分を私がで切っていきます
機械を購入するほどの量では有りません



で、糊を和紙の外側をミシン幅以内の部分に塗り
生地に貼っていきます
この作業はとても大事な作業です
和紙と生地が剥がれると作業しずらくなります



あーーっ!忘れてた!
この前、唐衣の脇が裂けてゴミ袋に押し込んだ
お人形の分も張り込みせな!
邪魔臭~、、、
またその分だけ裁断せな、、、和紙を、、、

え~本当に邪魔臭いのですが
即、取り掛かります
「また後で」などと後回しにすればするほど
その邪魔臭さが数倍となって襲い掛かってくるのです



さて、コツコツと張り込んでいきますか~

コメント(0)

更新:2013年09月07日

形にしてはまた張り込みから

この種類の縫製が完成しているお姫様を形にできました



これらのお人形を入れて保管する箱がまだ届いてませんので
今現在は玄関に並んでます
凄くゴタゴタとしてます





形にはなってますが仕上がってません
いつも言ってますが手を付け替えなければなりません
今は形にする用の手です
中にはお姫様にお殿様の手を付けて形にしてます



さて次はお殿様の衣装の縫製をと箱の中身を確認
ん?
上衣の裏地が無い、、、
それにお殿様の組み立て後に
またお姫様の衣装を縫製するのですが
貼り込み済み生地もありません



あ~、、、
マネキも書かんとアカンんねんけどぉ、、、
もう少し後で書きましょう


明日は和紙を裁断して貼り込み
ずーっと座ってますが
とてもバタバタしてます

コメント(0)

更新:2013年09月06日

そうめん、、、の料理

え~この前のお地蔵さんのおさがりのぉ
おそうめん、、、です
初めて見ました
讃岐そうめん
讃岐と言えば「うどん」だと思ってました



どうして食べよう?
「湯がいて麺つゆつけて食べたらいいやん」
と、言われる方が殆どだと思います

もう30年以上も昔の話です
私が小学校の高学年ぐらいのお話しです
当時、私の親は手描き友禅作家の先生でした
お弟子さんは地方の方が住み込みで修行ってな環境
お中元等に「そうめん」ってのが届きました
お弟子さんの親御さんからも「そうめん」が、、、
時にはお弟子さんのお盆休みのお土産が「そうめん」。。;)
来る日も来る日もお昼はおそうめんが、、、

え~、、、
毎日毎日お昼ご飯はおそうめん!

で、ある日突然のことです
おえ~っ!!!

そうめんが喉を通りません!
呑み込もうとしても
体が拒否してしまうんです
おえーって、、、

それからはおそうめんを口に出来なくなりました

何年か前のことです
母親がまだ元気だった頃に
そうめんが食卓に上りました
別に私はそうめんが嫌いな訳ではありませんでしたし
食卓に上った事に違和感も全く無かったんです
で、本当に久し振りに口にしました
さすがに”おえーっ”はしなかったのですが、、、
好んで口にする物でも無いと

まぁ、なんですか?
これも何かの縁ですか?^^;
母親が他界入りしてからは
自分で料理をしてます
この難敵をどう攻略すれば良いか挑戦してみましょうーっ!

先ずはそうめんを茹でて皿に盛ります



で、中華風のアンを作りました!
冷蔵庫に入っていた白菜、玉ねぎと人参にねぎ
それらを中華鍋で炒め
料理酒と醤油とチューブの生姜とニンニクの調味料で煮込みます
最後は片栗粉でトロミをつけてそうめんにONです



普通に美味しかったのですが
麺の味が最後の最後に主張します
食べてるのは”そうめん”だと

次は何で攻めようか?
この”そうめん”を!

コメント(0)

更新:2013年09月01日