有職お誂え雛人形工房 京人形司 京都桃玄(とうげん)
プロフィル
〒604-8451
京都市中京区西ノ京輿岡町 25-19
TEL 075-462-7745
オーナーへメッセージ
< 2012年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE

早速のご予約

本日、お昼からお客様が来られました
お孫さんのためにお人形を見せて欲しいとのコト
まだ玄関には沢山の荷物があるのですが、、、
簡単では御座いますが説明をさせていただきました
作品紹介の特殊な柄合わせのお殿様を見て頂いたところ
即「これがいいです!」とのご返答をいただきました
かなり手の込んだ黄櫨染お殿様です




お姫様は赤を希望されてましたので
この反物を見て頂きました
すると「お任せします」とのコト
勿論お客さまの予算の限度もあります
承知しております!
ここは雛人形工房で御座います
先ずはお客様のご意向をお聞かせください




同じ職人さんが描いたお顔でも
ほんの少しですが微妙に異なります
手作業です全く同じものは出来ません
本日来店のお客様はこのお顔が気に入った様子で
「このお顔をつけてください!」と
他にもお姫様のお顔をあれこれ見て頂きました
が、「やっぱり、これで」とのことです




和紙に包んで保管します





コメント(0)

更新:2012年12月29日

年賀状書かんと!

世間はクリスマスですね~
私は年賀状を何とか今日中に書きます
木の板にチョークを塗った物に書いたせい?
筆先が妙に歪んでます
それに文字が割れます!
これは新たに購入するしかない様です




家を出る時に洗濯機を回します
靴下がもうないんです

いつも使ってるのを購入してきました



以前にも紹介したと思いますが
私の先生です
初めて書く字、バランスが分らない時に見ます




それで別の紙に私なりに解釈して書いてみます




この年賀状、軽く曲がってるしー
私、そんなに毛筆上手ではありません
このわずかの歪みに難儀します
ごっつう繊細なんです!
筆って!




マネキの様に左側から書いていきます
時代劇の様に手を浮かせて文字書けませんから




文字が綺麗だと知的に見えるらしいですよ
文字は丁寧に書くことをお勧めします
友曰く、私は個性が強烈過ぎて何をしても無駄の様です




さて、続きを、、、
と、その前に洗濯物を干さな

コメント(0)

更新:2012年12月24日

年末ジャンボ宝くじ購入!

もう、本当に当選して!って感じです
近頃は封筒に入れてもらえるんですか?
以前ははだかだったんですが




お金、欲しいですね、、、

正直、資金繰りが大変ですから^^;
国民健康保険料の納金が非常に困難なんです!
で、今日、保険事務所に行って保険料減額のお願いを

毎月52、500円収めてました
年間、約、五十三万円を収めなければなりません!
無理!
五十三万円って昨年の私の収入の約6分の1です
ホント、負担が大き過ぎますぅ

私のホームページをご覧頂いた方は多分ですが
「高額な商品を扱ってるしお金、持ってるやろ」って
思われてる方がほとんどだと感じます
以前にお付き合いしてた方もそうでした
、、、実際は、、、↓




畳もこんなんです
車も昔の”デミオ”ってのに乗ってます
職人ってのはあまりお金にならないのが事実なんです

南無八幡大菩薩様!私に御慈悲を御願い申し上げますm。。)m

コメント(0)

更新:2012年12月22日

真冬並みの寒さ

いつもの様にスーパーに買い物へ
表に出たんです
寒っ
ごっつう寒いがな!
嫌やなぁ寒いの、、、
店内に入りあれこれ見て回ります
春菊2時まで78円
冷蔵庫にまだ残ってるんですがカゴにIN
鍋に春菊はつきものですもんね~
あぁ、、、完全に主婦化してます

家に帰って思いました
寒いし今のうちに料理しとこ!って

この前に購入していたイカと里芋をさばきます
なんやこのイカ値札見とるようやな




さばいて鍋に入れます




味付けは粉末の出汁の素と日本酒と醤油、チューブの生姜




出来上がりは、、、正直、美味しそうでは無いです
が、食えば旨いんですよ
明日はもっと味が染み美味しくなるんです




今宵のご飯です
温まりますね~
鍋は




コメント(0)

更新:2012年12月20日

エビ水餃子?

まぁ、なんですか、、、
こう忙しいと楽しみといゆのが「食」になってる私です
一応本日のお昼にノルマ達成しました
で、少し料理に時間をかけようかと
挑戦してみました
エビ水餃子




エビの名はブラックタイガー
何かイカツイ名前です
からを剥いて背わたを取って綺麗にしました




白菜とねぎをみじん切りします
まな板は厚みの有るのが扱いやすいと感じてます




エビを適当な大きさに切ります
エビ、肉、白菜にねぎ
チューブのニンニクと生姜、塩コショウ
丼に入れ混ぜます




混ぜてる時に感じたのですが
エビは最後に入れた方が良いのかも?と
身が崩れます




頑張って包みました!
思った以上に出来ました
こりゃ、明日も餃子ですね~
鍋に入れるので皮に水を塗り包みました
ピタッと皮が引っ付いて欲しいので




なかなか上手に出来たと思います




味ポンを付けて頂きました
ん~なかなか旨いです!
でも何かもう一つ足せばもっと美味しくなるのでは?
そう感じました
何やろ?醤油やろか?

食べて思いました
やはりエビは最後に入れた方がいいです
エビが入って無い餃子を引くと少し悲しいです




里芋が108円
”安い”と思ったのでイカと購入しました
明日の晩にと考えてたのですが、、、
まぁ、イカの賞味期限は19日までなので
大丈夫でしょう




確実にウエストが、、、

洗濯物がたまってきてるなぁ
明日、回すか
洗濯機

コメント(0)

更新:2012年12月18日

マネキも書いてます

木の板に作者名や仕様等を書いていきます
正直、この作業が一番苦手です!
墨で書いていきますので
そのままだと墨がにじんでしまいます
先ずは板の表面にチョークを塗っていきます




塗ったチョークを板に馴染ます様にタオルで拭きます
チョークの細かい粒子が木目に入り込みます
こうすると墨が滲みにくくなります




こんなん作りました
左上部分を作札の大きさに切り取ります
そこに作札を入れ固定出来るようにしました







こうすれば作札との段差が無くなり書きやすくなります

私はこの様に左から書いていきます
右から書くと手がすれ文字がかすんでしまいます
















時間かかります
誰か安~でやってくれへんやろか?




文字を書くって
お人形を作るより難しいんです!

ホントですぅ、、、

コメント(0)

更新:2012年12月16日

安~いミンチ

パックには餃子用と記してあります
別にどんなミンチでもよかったんです
肉団子が食べたくなったんです
鍋に入れて




ドンブリに安いミンチに
玉子と小麦粉、ニンニク、生姜、塩胡椒を投入し混ぜます
手、冷たーっ!




約300g入ってました
残りは明日、食べます
お買い得品です
賞味期限が短いみたいです




もやしと白菜にしいたけ人参に春菊、ほうれんそうを
鍋に投入します
毎晩、鍋ですが飽きませんね
冬は鍋です!




それ、一人で食べるん?
そんな声が聞こえてきそうですが
はい^^一人で食べま~す
一日分を晩にいっぺんに食べるんです

コメント(0)

更新:2012年12月14日

気分転換も必要です

今宵は人形協会の集いがありました
今後この業界の進むべき方向等です
どの業界も大変な時代だとは思います
が、「皆で盛り立てて春には笑顔でいられますように頑張りましょう!」と。
お酒と美味しいお料理を沢山頂きました
10時くらいにおひらきとなり岐路へ
いつもならば作業をしている時間です
が、もう家に帰っても何も出来ないでしょうね
久し振り友のお店に向かいました
確か仮装大会の時以来だと思います




私個人のおすすめが鍋です
お出汁がしっかりと味が付いてて美味しいんです
一人鍋もいいのですがやはり「大きな鍋を囲んで」が良いですね~
具財から染み出た旨みたっぷりの出汁に〆のおうどん
最高です
今宵はもう満腹なので何も食べられませんが、、、
取りあえず熱燗一合を注文




いや~やっぱ楽しいですね~
このお店
集まるお客さんは個性派揃いです
彼↓はアームレスリング京都代表
何で目つむるん?




「天一行くぞ」との事
ま、満腹の私では御座いますが
別に拒否する理由は有りません
入店し熱燗を注文
「まだ飲むんかい!」との突っ込み
満腹やっちゅうねん




このお店はこのモモの焼いたのが美味しいのです
高校生時代に友達とよく通ったラーメン屋です
これにラーメンが付いてくるんです




いや~皆、美味しそうに食べますね~
で、私、少し分けてもらいました^^;
「結局食うんかい!」との突っ込み




ご馳走様です

コメント(0)

更新:2012年12月12日

風邪、寸前です

先週からクシャミと鼻水が止まらず難儀してましたので
土曜にこんなん買ってきて飲んでみました




思いっきり風呂で温まって食って寝る!
暖房もつけてます
電気代が嵩むので暖房は可能な限りつけません
電気座布団のみで頑張ってましたが
寝込む事を思えば、、、
ちょっとマシになりました

多分、疲れからきてるのでしょう
この前に休みをとったのは、、、確かぁ、、、
時代祭りの時かな?
休み無しで夜中まで作業したら風邪くらいひくっちゅーねん!
お人形の材料がナカナカ納品されて来なかったので
もう、本当に大変なんです

町内会からこんな物が届きました↓




大祓人形と車形
健康と交通安全祈願でしょうか?
昨年、こんなん有ったんやろか
記憶に無いねんけど、、、
名前と年齢、車の名とナンバーを記入するみたいです
まぁ、ちょっとやっとくか
もう若くないんでね~




今宵の夜食ですがぁ
アカンねんけどラーメン
円町を南に下がった太子道手前のお店です




味噌ラーメンを注文
いや~温まりますね~




餃子も注文しました




しかしこの寒さ尋常やないで!
皆様もお風邪など召しませぬ様に
寒さ対策を万全になさって下さいませ

コメント(0)

更新:2012年12月10日

お姫様 2

では京製の手に取替えて行こうかと思います
が、その前に京都のお人形の最低限の技術と技の一つを紹介します
私の師匠から受け継いだものです
表衣と唐衣は接着せず曲げます




表衣と重ね袖の間もしかり




重ね袖もしかり




この技は非常に時間と手間を必要とする作業です
では、手の交換をしていきます

京製の手です
来期はこの手を作って居られる職人さんにお願いしようか?
と、思ってます
何段階か作業過程のものを紹介したいので!と。







先ずはのこぎりで切ります




切った断面です
分かりづらいかも知れませんが
木には柔らかい所と硬い所が有ります
穴を開けるのに電動のドリルを使用します
ドリルの先端は柔らかい方に向かう特性があります
時に、それを無理矢理に穴を開けます
正直、私の「て」に負担がかかりますね、、、^^;




緊張します
穴を開ける時
失敗したら、、、
焼肉食べに行ける位なのですっ!
この手ひとつで!




手の穴の深さと手の開けた穴の深さを確認し
私が想い感じる長さに調節し取り付けます




最後に扇を持つ様に微調整します




ホント、職人って神経を使う職業です、、、

コメント(0)

更新:2012年12月07日

腹、減ります

毎日頑張って作業?してます
いえ、もう、修行ですね~^^;
今日も夜の12時半まで人形と向き合ってました
作業を終え寝る迄の間が私の時間です
風呂?
入ると私の時間が無くなります!
熱燗を飲みながら「うる星やつら」見ます


飲むと、私自身が緩みます
すると腹が減ってきます

で、向いました
餃子の王将


以前にも紹介しました
パワーアップセットです




今月に入り15分で完食すれば無料のメニューが、、、
写真の右側の
テッチャン味噌ラーメン




ラーメンの麺だけでも3玉ですって
完全にスープも胃袋に収めなければ無効との事
自信の有る方はどう~ぞ~♪
私は遠慮します。


明日?今日?
弟が久し振りに帰って来ると連絡がありました
晩ご飯、食べたいとのコト
何やら母親に報告でも有るのでしょうか?

鍋ですね^^
寒い夜は


話は変りますが、、、
中村勘三郎さんでしたったけ?
お亡くなりになった方

その息子さん本当に素晴らしかったです


父親が、、、

南座の舞台をこなし後の挨拶
涙が零れそうになりました
多分ですが父親から何かを託されたのでしょうね

私も他界入りした母親から託されたものが有ります
それ、守って生きます

コメント(0)

更新:2012年12月06日

お姫様

もう十二月です
この前、もはかまが届き頑張って着せ付けて仕上げてます
ここで少しその内容をみて頂きましょう
お姫様の腕(かいな)折りを紹介します
特上仕立て表衣本着せ込みです




「手」を付けるのですが
先ずは写真↓の手を使います
腕折り時専用の手です
故その様な手が存在するのかと言えば
以前にも記しましたが私一人で作業をしています
このクラスのお人形には京製の「爪きり」とゆう手を付けます
が、京製の物は注文して仕上がって来る迄に時間がかかります
納品される迄の「代わり」としての役目と
爪きりはとても高価な手です
作業中に万が一、傷等のトラブル回避の為です




さて、作業に入ります
手を取り付けます




曲げる肩の位置を決め印程度にそこ中心に腕を下ろします




で、第一間接を折り曲げます
親指を中心に内にひねりつつ曲げます
この時、親指に凄い力がかかります
どれくらいの力がかかるかと言えば
時々ですが爪と肉が剥がれる位です
爪の白い部分が少しイビツでしょ
これ、剥がれてるんです、、、
結構、痛いですよ




次に目打ちを使い片方づつ完全に曲げます
その次にお人形の肩部分を両の手でしめます
こうする事で中の針金を完全に曲げきります
目打ち部分の凹みが分りますでしょうか?




角度を変え撮影してみました




この凹み部分に綿を入れていきます




中身は目視できませんので感のみが頼りです
綿の量も長年の経験で決めます
詰め過ぎてもいけませんし少ないのもダメです







ここで少しですが重ねの袖が少し浮きました
どうしても重ねの枚数が多いとこの様な事が起き易くなります
昔はもっと激しく弾けてしまい修正も無理な事もたまに有りました
そのお人形はゴミ箱に行ってました




今の私はこの程度ならば何も問題ありません
少し目打ちを立て気味で第二間接を曲げます







ご覧の通りです↑
重ねの袖部分の浮きは解消されました

次は左手も曲げます
私の親指部分に少しの凹みが有ります
又、先程と同様に綿を入れます




表衣と唐衣の間から入れます
必要な箇所に必要な量の綿をその都度入れて行きます




これで腕折り完了です
と、言いたいのですが
肘がほんの少し高いです
袖が飛行機の羽の様ですね
それを修正します




両手でお人形の肘部分を軽く下ろし脇をしめます
次に袖を下ろします
どうでしょう?
少し落ち着いたお人形になったとおもいますが




このまま少し置いておきます
生地がこの形で馴染む程度にです
そして京製の手に交換します
又その時に紹介します

コメント(0)

更新:2012年12月02日